仕事の基本 求人転職ポータルサイトおすすめリンク集


 

実用性の高い転職サイトのリンクまとめ集です。独自のおすすめランキングをはじめ、転職時 に役立つ情報をご紹介しています。
業種別にカテゴリーがまとめてあるので、あなたにマッチした転職サイトがすぐに 見つかります。

仕事の基本

リーダになるべき人
組織において、一番組織の事を考えて、常に組織のために働いている人がリーダである。


完璧主義は捨てる
完成度にこだわりすぎて、納期に遅れるのであれば、意味がありません。
完成度にこだわるよりも、スピードを重視してみましょう。
完成度が多少低くても、圧倒的にスピードが速いとお客様や上司は感動します。
 
仕事のスピードを上げる方法
スキマ時間の有効活用

時間はすべての人に平等に24時間与えられています。
でも、その同じ24時間を有効に使える人と、使えない人がいるようです。

仕事ができる人の話を聞くと、全ての人に共通して言えるのが・・・

「スキマ時間を有効活用している」

ということです。例えば・・・

・通勤時間
・食事中
・移動時間
・待ち時間
・入浴中
など

これらの時間をいかに有効活用するかがポイントです。

1日は数分から数十分だとしても、1ヶ月、1年と考えるとすごい時間になると思いませんか?

この時間をどう有効活用できるかは、あなた次第。できるビジネスマンになりましょう。


ビジョンを持とう
ビジョンとはあるべき未来の姿であり、目標です。 必ずそのビジョンを達成するぞ!という強い思いを持ち続けていれば、ビジョンに近づいて行くものです。


1円でも報酬を得れば、その人はれっきとしたプロ

プロとは?

①仕事に人生をかける人

②不可能を可能にする為に限りなき努力をする人

③自分の仕事に誇りを持つと同時に謙虚な人

④先や時代を読んで仕事をする人

⑤時間より目標達成させるために仕事をする人

⑥高い志・理念・目標に向って邁進する人

⑦結果に全ての責任を持つ人

⑧成果によって報酬を得る人

⑨仕事において甘えのない人

⑩能力向上のために常に学び、努力し続ける人

⑪仕事を通して人間性・能力をためかている人

⑫謙虚にかつ貪欲に誰からでも学ぼうとする人

⑬仕事を通して周りの人に夢と感動を与える人

⑭仕事のために自己管理が徹底できている人

⑮尊敬できる人を持ち、その人に徹底的に付いて学んでいる人

⑯真剣の人材育成している、または将来、人材育成する事を決意している

 

仕事ができるってどういうことでしょう?

(1)物事を考える力・難しい事を易しく考え、浅いところを深く考える。つまらない事を面白く考える。

(2)素直さ・・・・・素直に真似る(教えるを守る)人の良いところは受け入れ→アレンジ→自分自身をアレンジ

(3)好奇心(向上心)・なぜ?なんで?常に疑問を持ち、向上しようとする。

(4)負けず嫌い・・・自分に負けない、あいつに負けたくない。誰にも負けたくないという気持ちを強く持つ。

(5)責任感・・・・・目標達成まで食らいつき、自分の問題としてトライする。

(6)行動力・・・・・知識と行動の深い溝、 行動が成果を変える。そして、決断してからの行動が早い


疲れたら無理に続けないで休憩しよう
疲れて無理に働くよりも、少し休んでリフレッシュしたほうが迷惑をかける度合いは小さくで済みます。
仕事で体を壊すなど本末転倒です。
健康だから作業が効率的にはかどり、中身の濃い本当に仕事ができます。体調管理も仕事の内です。
 

批判や評論している暇があったら、自分を磨こう
最近は愚痴ではなく、痛烈な非難、中傷に変わりつつあります。
人の評論や批判をしている時間があったら、自分を顧みるほうが、自分の成長の為になります。
 

まず結論から言おう
長々と経緯を話すより、まずは結論から言おう。これが相手の興味をひく魅力的なビジネス会話術です。


仕事は全力で緻密に、結果は楽天的か前向きに
ミスを怖がって萎縮するよりか、とにかく全身全霊をかけて、チャレンジして仕事をする事です。 チャレンジする姿勢が評価されます。


聞く前に、まず自分で答えを出してみよう
人に答えを聞くのでは無く、自分で考える癖をつけてみよう。創造力や問題解決能力が飛躍的に向上します。 自分なりの答えを見つけ、自分なりの方法で実行する事は、社会人としては、あたりまえの事です。


目の前にある仕事に全力であたろう
目の前の仕事を片付けるのでは無く、全力を持って丁寧かつ効率的に対応することが大切です。


決断は素早く
プロとは限られた時間内に深く考えてできるだけ、正しい判断をスピーディーに下せる事。時は金なり です。
 

他人と比較しない
常に自分自身を磨くことを心がけ、絶対評価をあげていく事に努力すべきです。
去年の自分と今年の自分。あの人と比べて・・・では自分自身、個人ではどうなのか?という絶対評価は、そこには生まれません。
 

先輩に敬意を払おう
先輩は一日の長。年上の人の言うことを聞くのでは駄目、敬意を払う事。
敬意を払うということは妄信する事でも、服従する事でもありません。
 

何のためにやるのか考えよう
自分を上司や顧客の立場において見る事ができるかどうか?自分だったら指示したもの以外に何があったらさらに効率的か、そこに、どれだけ気が付くか、これが重要です。
絶えず、自分のを相手の立場に置き換えて考える癖をつけましょう
 

何のためにやるのか考えよう
自分を上司や顧客の立場において見る事ができるかどうか?自分だったら指示したもの以外に何があったらさらに効率的か、そこに、どれだけ気が付くか、これが重要です。
絶えず、自分のを相手の立場に置き換えて考える癖をつけましょう
 

発言は短くポイントを付いて
全ての情報を整然と伝えようとするのでは無く、一番伝えたい事を短い発言でポイントをつける事。
それが相手の心に伝わりやすいテクニックです。
何事も正しく、短時間で伝える事ができれば、仕事の幅もより一層広がることでしょう。
 


言われる前に自分から率先してやろう
ちょっと人より知恵を働かせて、機転をきかせ人より多く働くことは、一見損をしているように見えます。
ですが、実は、全部自分に帰ってきて徳をするという究極の自分中心の行き方になっているのです。
 

頼まれた事はすぐやろう
急ぐ仕事を頼む場合、一番忙しい人に頼め。忙しい人は次から次へと仕事が入るから頼まれればすぐやるからです。
暇な人や仕事のできない人は、行動が遅い上、時間があるので後でやろうとする。そんな社会人にはならないように。頼まれる人になりましょう。
 

何かを言う前に言ってよいかどうか、まず考えよう
災いは口より出て、身を滅ぼします。
言葉による失敗は取り返しがつきません。
一度言ったことは消せないので、たとえ何万回誤っても、この人は、こんな事を考えていたのか?という相手のショックは消えないし、ギクシャクした関係を修復する方法は存在しません。
 

一度注意されたら二度と同じ事を言われないようにしよう
会社で同じ失敗を繰り返す事は、上司に嫌われる事を何とも思っていない事です。
取り返しがつかなくなる前に、一度注意された事は即座に直すようにしましょう


どんな時も言い訳をしないように心がけよう
言い訳は、自分の失敗を隠し、自己正当化する為の悪知恵です。
言い訳をしないという事は、自分の行動に責任を持っているという事です。
 

お金を追えば、お金で滅びる
お金で溺れる人は、お金で泣く。
若い時は、お金より、その仕事がどれだけ好きか?その仕事でどれだけ力が着くか?で仕事を選んでいくものです。
 

毎日多いに挫折しよう
挫折は繰り返せば繰り替えずほど力がつきます、挫折経験は大きな財産になっていきます。
どんな困難でも乗り切れる自信がついていきます。
 

嫌な事を、誰よりも率先してやろう
若いときには、嫌なことや辛い事をした分、人間として力がつきます。
雑用、議事録、会議のファシリテート、電話対応など、率先して行いましょう。
 

まわりの人の、いいところだけを盗もう
どんなに人にも必ず、長所はあります。
周りの人から優れたところは、どんどん謙虚に学び盗んでいく事です。




GIVE and GIVE and GIVEで行こう
親の愛情のように、見返りを一切期待せず、徹底的に人の相談に乗り手助けをしてあげる事を心がけましょう。
そうすれば、自分のファンが、どんどん増えていくのです。
いい事やいい情報、つまり運を持ってきてくれます。
 

絶えず会社の貢献度を考えて行動しよう
成功者の共通点の1つに人が欲しいのもや、困っていることを見つけ、それを解決することがあります。
周囲の人があなたに何をしてもらいたいと思っているのか?どんな事を期待しているのか?を考えて行動しましょう。
 

まずはやってみよう
何事もやってみなくては、成功するか失敗するかはわかりません。やってみる勇気は必要です。
死にものぐるいでやってみると何とかなるものです。行き詰まったときはその時、考えてみましょう。
 

周りの人に教えてもらおう
聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥です。
わからないことは誰にでもあります。調べる手段は色々ありますが、聞かなくてはわからないこともあります。
わからないことは素直に聞きましょう。
 

無理です。出来ません。は禁句
チャレンジする姿勢は高く評価されるものです。一見難しそうな内容の仕事でもチャレンジしてみてください。
頼まれるということは、すでに期待されていることですので、その期待に答えられるよう頑張ってみましょう。
 

話を聞くタイミング
相手の忙しいときにわからないことを聞きにいっても、丁寧に教えてもらうことは難しいものです。
上司、先輩、同僚が今、何をしているのか、今聞く必要があるのかを確認してから、話しかけましょう。
 

挨拶をしよう
 上司、先輩、同僚、お客様に元気よく、心を込めて挨拶をしよう。
 みんなに好かれる人はビジネスで最も強い人になります。
 

身だしなみを整えよう
 人に不快感を与えない服装を心がけましょう。
ファーストインスピレーションは大切です。 服装の乱れは心の乱れとも言われます。


使わないものは捨てよう
 いらない物のなかから使うものを探すのは大変な労力がかかります。
 仕事が出来る人ほど、机の中は綺麗です。


思ったことはすぐに書き留めておこう
 人は忘れる動物です。
素直に書き留める癖をつけましょう。


自分のイメージ作りを大切にしよう
謙虚な人はまわりの人から共感が得られます。
ほとんどの人は理屈より見た目で好き嫌いを判断しているからです。