転職ポータル|crawwle

転職ポータルサイト 仕事探しはクロール

求人・転職ノウハウ


・就職、転職先に必要な資格

就職、転職をする上で実際に役立つ資格とはどんな物でしょうか。

現在は実に数多くの資格や検定試験が存在し、同じジャンルでもいくつかの資格が存在するものもあります。

直接就職や転職に生かすなら、資格の目的を確認しましょう。というのも、「〜業」として企業登録する際に、その資格者を何人以上置いていなければならない、という規則や法令の定めが設けられている職業があるからです。

つまりその会社に就職、転職するなら絶対必要な資格というのがこれです。有名なものでは、宅地建物取引主任者(通称宅建)等がそれにあたります。資格の詳細を確認すると、それが明示されています。

 盲点になるのは、資格の属性です。資格は、大きく分けて「国家資格」「民間資格」「公的資格」の3つに分類されますが、必ずしも国家資格が有利というわけではないのです。

 まず業界に精通した人物や企業情報、またその資格を持つ人がどれぐらいいるかを確認しましょう。

同じような資格でも状況によりそのニーズは異なります。国家資格でも、認知度の低いものや、既に同じもので民間の資格が浸透している場合、たとえ試験に合格しても、直接就職や転職で武器になるとは限らない場合もあるからです。また、当然の事ながら、資格試験を受ける準備も必要になってきます。

 就職、転職に即生かせる資格試験は、どれもそれなりの準備や勉強が必要ですから、本当に必要かどうかを確認したら、できるだけ一発合格をめざし準備するのが大切です。全体の合格率が10%を切るようないわゆる難関試験を除いて、ほとんどの資格試験では、予備校などに通学し、中でもはじめての受験で合格する人の率が高く、2回め、3回めと回数を重ねるほど合格率は下がる傾向にあるのです。

 また、資格ごとに「受験資格」といって、試験の受験者に条件を設けているものもありますので、就職、転職を考えてから取得するのでは間に合わないケースもあります。もし、ご自分が取得を検討している資格、検定があれば、今すぐ必要でなくても、受験資格ぐらいは確認しておき、受験のタイミングを計画しておくことも、成功の秘訣です。


・就職や転職における面接の意義

 通常、就職、転職の際入社試験は、はじめに履歴書による書類選考、次に筆記試験、その次に面接試験といった流れで進んでいきます。

ここでは、面接試験にスポットを当てて内容や注意点を書いていきます。

まず面接試験は「なぜ」行われるのでしょうか。ここではあえて「人材」と表現しますが、とある人材が、その会社にとって求めているような性格、考え方の持ち主であるかを見極めるためです。

また、社会人として最低限の身だしなみ、礼儀作法を身につけているかということの確認。そして、対人上でのコミュニケーション力をはかるというのも大きな目的です。

どうしても面接で緊張してしまう人には、今挙げたような、「どの点を見ているのか」をあらかじめ理解しておくことで多少緊張はほぐれるのではないでしょうか。

面接試験は、人間性そのものを見るというより、「チェック」に近いのです。履歴書も問題なく、筆記試験でも合格ラインを突破したのですから、そんな人材ならほぼ「問題ない」という考えのもとで、最終的に「チェック」したい、というのが企業側の意図であるケースが大半なのです。

ここでちょっとした情報ですが、面接試験にあたりマニュアル本を読むという人もいるかと思いますが、もし余裕があれば、あわせてビジネスマナーの本も一冊購入し、読んでおくと良いと思います。

また面接マニュアル本だけであっても、ビジネスマナーに言及したものを選ぶのが良いでしょう。

ビジネスマナーは、なんの意味もなく決められていることではなく、ひとつひとつ詳しく調べていくと、意味や理由があってそのように決められているものばかりなのです。ですから、「どうすればいいか」だけを覚えておくよりはるかに理解しやすいのです。

またビジネスマナーは就職後すぐにでも使うものですので、覚えておくと「予習しておいてよかった」と思う時がすぐに来ると思います。

面接試験の時は、まだ「客人」であっても、会社に入った後は客人ではなく「社員」となるのですから、特に新卒向けの面接マニュアルはほかであまり使いどころがないのです。中途採用向けの場合はまたちょっと事情も異なると思いますが、転職時には改めてビジネスマナーのおさらいをしておくと良いでしょう。

新卒での就職活動の場合では、面接試験で強みになるのは学生時代の部活動や課外活動です。学部での勉強内容だけでは個性をアピールするには少し難しいところがありますが、部活動や課外活動では個性をアピールしやすく、聞き手の興味を引きやすいので積極的に話していくと場の雰囲気も和やかになります。これは、就職先を検討するきっかけの話題にも流用できます。志望動機の裏付けに、課外活動や部活動を通して感じたこと、それをもっと広げていきたいという気持ちは、内にとどまらず外へ外へと積極的に活動したいという意欲の表れにもなり説得力が増すのです。

近頃では、就職・転職時の面接試験で「自分の短所は?」などちょっと考えてしまいそうな問いを投げかけられることもあるようです。

こういった質問の場合も、面接試験のなかでいろいろな話題を出さなければならない、とあせるのではなく、「一貫性」「説得力」を重視し、自分の長所を裏返して短所として説明し、話の後半で、本来言いたかった「長所」にふれておくことで、気持ちよく答えられると思います。
例えば「細かいことにまでこだわりすぎてしまう」という言い方なら短所ですが、「細かいところまで納得いくまで調べたり確認するのでミスが少ない」と言えば長所になる、このような点を頭に入れておくと、とっさの質問にもあわてずに対応できると思います。

中途採用(転職)時の面接では、「前の会社を辞めた理由」を質問されるものですが、これも、マイナス面だけを話して終わるのではなく、それとともに前向きな理由を述べることが大切です。

また、受験生が自分ひとりではなく「グループ面接」を採用している会社も増えていますが、これについてはリヴェートやプレゼンテーション等、コミュニケーション力を重視した会社が採用するものと考えられるので、その意図を理解したうえで面接に臨みましょう。

グループ面接では、単にプレゼンテーションについてのみ準備するのではなく、ブレインストーミング等、実際に仕事の現場で使われるテクニックについてもあらかじめ知っておくと応用がききます。

グループ面接では、個性をアピールするのではなく、与えられたテーマをいかにして洗練させていくか、という「目的達成とその過程」を理解しているかを問われますので、くれぐれも自己アピールの場と勘違いせず、テーマに対していかに多くの要素を提示し、その選択の過程で必要な議論を重ねていき結論に至ることができるのかを考えるようにしましょう。

中途採用時の、転職の場面ではより現場でそのまま生かせるスキルがあるかを問われるので、特にグループ面接は重要になってきます。

ただしいずれの場合も、特に気をつけておきたいのはコミュニケーション力です。一般に日本人には乏しいと言われているのがこの「コミュニケーション力」なのですが、基本は、相手の話をきちんと理解し自分なりに解釈しないようにすること、そして自分の考えを相手に伝わるように適切な言葉選びをしながら話すこと。聞き手の表情を確認しながら、足りないところは言葉を補い、それほど重要でない点は簡潔に説明する、という、対応の柔軟さがコミュニケーション力です。

はじめの段階では、大勢を納得させるように、ではなくひとりの相手にわかるように説明することを心がけ、慣れてきたらそこから他の人への配慮という部分を含めて言葉を足していく、など、方法論は様々あります。

コミュニケーション力は、就職、転職に限らず人生のいろいろなシーンで重要なものですので、日頃から自分のコミュニケーション力を省みることが大切です。






その他のノウハウはこちら


  

求人・転職トピック


 タクシー運転手・パティシエ・林業・期間工・製造業など、特定の職種に特化した求人・転職サイトを紹介しています。(口コミ・体験談あり)

 求人・転職成功ノウハウを紹介しています。
 面接ノウハウ・就活ノウハウ・転職ノウハウを一気に紹介、転職や就職で役に立つノウハウ体験談を多数掲載中
 

総合転職サイト

派遣・アルバイト・パート